シミに効果大の美白化粧品選び


女性はいくつになっても、年齢に負けない美貌を維持していたいと願うものです。

そのためにも毎日朝晩と、スキンケアに力を入れている女性も少なくありませんが、加齢とともにお顔には様々な年齢の兆しが現れ始めてしまうのも事実です。

見た目年齢を若返らせるためにも、トラブルのない美肌を維持しておくことは大切で、男性の中には、美人の条件は目鼻立ち云々よりも肌が綺麗であることを挙げる方も多いので、年齢にあった、肌悩みにあったスキンケア化粧品選びは重要です。

さて、女性の肌悩みの中でも上位に挙げられることの多いシミ、このトラブルは比較的年齢に関係なく現れてしまうことも多いですが、どうしても肌が汚く、老けた印象を与えてしまうものなので、何とかして改善したいと、美白化粧品を手当たり次第に試している方も少なくありません。

しかし、なかなか満足のいく効果が得られないと悩んでいる方も多く、また美白化粧品の中には、強力な成分が配合されているものもあり、肌質によってはさらなるトラブルを起こしてしまうこともあり注意が必要です。

美白化粧品を使う場合には、まず自分のシミがどのようなタイプのものであるかを分析してからでないと、全く意味のないものを使ってしまっている場合も多いので、ぜひ美容皮膚科などクリニックで扱っている化粧品を使ってみましょう。

ドクターズコスメは、化粧品でありながらもしっかりと結果の出せる仕組みで作られており、どんなシミにも効果大です。レチノイン酸やハイドロキノンなど、肌を再生させる成分や強力な美白成分がしっかりと配合されており、指示通りに使うことで、さらに効果が高められるようになっています。

このようなドクターズコスメは、エステサロンでも一部取り扱われていますが、百貨店やドラッグストアなどでは販売されていません。

それはやはり前述したように、使い方にも注意点があり、間違った方法で使ってしまうと、効果が現れないだけではなく、リアクションも強く現れてしまうなど、リスクも高いからです。

医師が監修している美白化粧品は、使い方の指導を受けたうえで正しく使ってこそ、簡単に手に入る化粧品では得られないほどの効果が出せるので、本気で雪のような白い素肌を手に入れたいなら、ぜひトライしてみましょう。

紫外線によってできてしまったシミも、加齢に伴うシミも、生まれながらのそばかすも、肌にできている色ムラをすべて綺麗になくしてくれます。

美白化粧品はどう選ばば良い?

化粧品メーカーからは毎年のように美白効果が期待できそうな化粧品が販売されていますが、実際美白成分が入っていないものもあるため、美白を目的とした化粧品を選ぶ際には注意しなければいけません。

美白に有効な成分が含まれた化粧品を選ぶ際にポイントとなるのが、医薬部外品かどうかということです。

医薬部外品とは、厚生労働省が認可した有効成分が含まれている製品で、医薬品と化粧品の中間に定義づけられています。

つまり、医薬部外品の美白化粧品を選べば、公的に有効と認められている美白成分が含まれているため、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ効果が期待できます。

ただ、医薬部外品がどうかは、美白化粧品を選ぶ際の目安にはなりますが、医薬部外品がそれ以外の製品よりも優れているかどうかは判断できません。

そして、美白成分は肌との相性もあるため、すべての人に同じ成分が同じように働くというわけではありません。

そのため、自分に合った美白化粧品を選ぶ目を持つことも大切です。

医薬部外品の化粧品に含まれている美白成分には以下のようなものがあります。

ビタミンC誘導体は、肌に吸収されやすいようにビタミンCを安定型に変えたもので、抗酸化作用とシミの元となるチロシナーゼの抑制作用があります。

シミだけではなく、ニキビや毛穴の開きなどにも効果があるため、広く使われています。

アルブチンとエラグ酸は、メラニン色素に働きかけるチロシナーゼの働きを阻害する作用があり、アルブチンはコケモモから、エラグ酸はいちごから抽出されます。

カモミラETは、ハーブティーでもお馴染みのカモミールに含まれる成分で、メラニン色素を作る指令を出すエンドセリンという情報伝達物質の作用を妨げる働きがあります。

プラセンタエキスは、豚や馬などの胎盤から抽出した成分で、チロシナーゼの抑制効果があります。

コウジ酸は、米麹から発見された成分で、みそやしょうゆ、酒などを扱う職人の手が「白くてきれい」ということから研究が始まりました。

シミの根源であるメラノサイトに直接働きかける作用があります。

また、医薬部外品ではないものの、美白効果があるとして美容皮膚科でよく使われているのが、ハイドロキノンです。

欧米では一般的によく使われている成分ですが、日本では歴史の浅い成分です。

大変美白効果の高い成分ですが、5%以上配合されているものは、副作用が報告されているため、1~3%配合されている化粧品を使うようにしましょう。

美白化粧品は、シミができてしまってからでは遅いため、1年を通して使うことで、新しいシミが作られない働きも期待できます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

管理人による承認後に公開されます。

HTMLタグは使用できません。